ミスターオーダーメイドのひとりごと

考える力で人生をセルフプロデュースする

なぜ算数を勉強するのか?

f:id:mr-ordermade:20180905014617j:plain
皆さん、こんにちは。
ミスターオーダーメイドです。

今回のひとりごとは「なぜ算数を勉強するのか?」です。

それは、「考える力」をつけるためです。
正しい考え方をすると正しい答えにたどり着きます。

「考える」には判断材料が必要です。
それは、各単元の基本をおさえることによって得ることができます。
そのためには、原理・原則を理解することが必要です。(基本の徹底)
「基本なくして応用なし」です。

特に、中学受験を目指して勉強している小学生は、たいてい「算数」を苦手としています。
算数はきっちりと筋道を立てた方法で学習すれば自分の頭で考え、工夫することでさまざまな問題に対応できるようになります。
ところが、成績が伸び悩む人の多くは、原理原則を理解せず「この問題はこの公式を使う」「この問題はこのようにして解く」と強引に覚えようとしています。
このような勉強方法では、いずれ限界がきます。

算数の問題を自分で解く手段として「線分図」や「面積図」を使います。
問題文の内容を理解するだけではなく、図を書き、その図を見て考えることができさまざまな解放の糸口が見つかるのです。

原理・原則を理解し、覚えるのではなく「自分で考えて解く」ことが一番大切です。