ミスターオーダーメイドのひとりごと

考える力で人生をセルフプロデュースする

なぜ数学を勉強するのか?

f:id:mr-ordermade:20180904074211j:plain
皆さん、こんにちは。
ミスターオーダーメイドです。
今回のひとりごとは「なぜ数学を勉強するのか?」です。

なぜ数学を勉強するのか?

それは「論理的に考える力」をつけるためです。
「公式」には、「原理原則」がありあます。
「なぜそうなるのか?」という視点があれば「論理的に考える力」がつきます。

数学を好きになるために必要なことは以下の3つの要件です。

① 問題文を正確に読み取る力
② 正確な計算力(整数・小数・分数の計算、四則混合計算、計算のきまり)
③ 小学校内容の算数の理解が十分にできている(基本の徹底)
特に「割合」や「速さ」は十分なトレーニングが必要です。

中学の授業では、小学算数の内容が理解できている前提で進められます。
算数は「原理原則重視」、数学は「公式重視」です。
中学数学は、「公式」をあてはめていけば解けるのですが、「原理原則」がわからないまま公式や解法などの「型」だけを習得してもある程度のレベルまでにしか到達せず、頭打ちになります。
そして何より「考える力」が養われません。
高校受験の数学では小学算数が盲点になります。

学びは「基本→応用→発展」と進化していくことが醍醐味です。
学力向上の秘訣は「基本の徹底」にあります。