ミスターオーダーメイドのひとりごと

考える力で人生をセルフプロデュースする

算数・数学が「できる」ために必要なこと3

f:id:mr-ordermade:20181126154419j:plain

皆さん、こんにちは。
ミスターオーダーメイドです。
今回のひとりごとは『算数・数学が「できる」ために必要なこと3』です。
前回お話した5つの内容のうち④⑤のお話です。 

④ 「当たり前」にできるようになるまで練習すること 

「当たり前」にできるようになるまで練習すること。
この部分が大事です。
授業を聞いて「わかった」けれども、1人でやろうとすると「できない」経験をしたことはないでしょうか?
「わかる」と「できる」は違います。
「できる」ようになるためには、原理・原則を理解し「わかる」こと、そして徹底した反復練習が必要です。
「徹底した反復練習」この部分が見落とされがちです。
これは自分にしかできないことです。
「当たり前のことを当たり前にやる」この積み重ねによって成果が出るのです。

⑤ わかるまで粘ること

「わかる」まで問題にくらいつき「解ける(できる)」までありとあらゆるトライをしなければ力はつきません。
「トライ&エラー」の繰り返しです。
試行錯誤を重ねることよって、効率のよい解き方や別の解き方がわかってくるのです。
「量」をこなすことによって「質」が生まれます。
「量」をこなしてからはじめて無駄が省かれて洗練されていくのです。
「質」は、徹底した反復練習の成果でもあるのです。
たいした努力もせずに「楽」をしてできるようになる勉強方法はありません。
そんな魔法の勉強方法があれば、すでに皆さんにお伝えしています。
「できるようになるまでやる」この姿勢が大切です。