ミスターオーダーメイドのひとりごと

考える力で人生をセルフプロデュースする

「勝てるところ」で勝負する

f:id:mr-ordermade:20181206162227j:plain

皆さん、こんばんは。

ミスターオーダーメイドです。

今回のひとりごとは『「勝てるところ」で勝負する』です。

 

算数・数学・理科が苦手な人は読んでみて下さい。

苦手なことを克服するには、エネルギーが必要です。

 

心理学的にみると「負けて強くなる」のは、精神力の強い人だけだそうです。

多くの場合「負けてばかりいると、人は弱くなる」ものです。

 

自信をつけたいなら「勝てるところでだけ、勝負する」ことです。

 

闘犬でも、強い犬を育てるために「かませ犬」(弱い犬)と何度も勝負させるそうです。

「勝ちの味」を覚えるからこそ、自信もついてきます。
自信がつけば、意欲が生まれます。

 

苦手克服の第一歩は・・・

 

まずは簡単な問題を徹底的に繰り返し、自信をつけることです。

 

 「塵も積もれば山となる」といいます。

 

「どんなに小さなものでも積み重ねれば大きなものになる」という意味です。

 

類語には・・・

 

「積土成山(せきどせいざん)」

 

「少しの土でも、それを積み上げていけばやがて山になる」という意味の四字熟語です。

小さな努力でも、それを積み重ねていけばやがて大きな成果になるということです。

 

「雨垂れ石を穿つ(あまだれいしをうがつ)」

 

軒下から落ちるわずかな雨垂れでも、長い間同じ所に落ち続ければ、ついには硬い石に穴をあける意味から

「どんなに小さな力でも、根気よく続けていればいつか成果が得られること」のたとえです。

 

があります。

 

少し話がそれました・・・。

 

自信がつけば「自分はできる」と「自己肯定感」が高くなります。

そして、自信が十分についてから少し難しい問題に挑戦する。
あわてずに少しずつハードルを上げていきましょう。

 

小さな自信の積み重ねが、やがて大きな自信につながります。
小さな成功の積み重ねが、やがて大きな成功につながります。

 

子どもの自己肯定感を高める10の魔法のことば

子どもの自己肯定感を高める10の魔法のことば