ミスターオーダーメイドのひとりごと

考える力で人生をセルフプロデュースする

予習と復習

f:id:mr-ordermade:20181219223318j:plain

皆さん、こんばんは。

ミスターオーダーメイドです。

今回のひとりごとは【予習と復習】です。

 

成績アップのためには「予習と復習」が必要です。

(どちらもできることが理想的です)

 

勉強をする際、「予習と復習」という言葉をよく聞きます。

 

誰しもこんな経験はないですか?


好きな映画やドラマを観賞する際、予告編をみます。
本編をみると、さらに話の流れがわかります。

 

つまり「予習」は映画やドラマの「予告編」です。


勉強でも先取りで教科書やテキストを読み、次回の授業の内容を見ておきます。
授業を受けると「こういうことだったのか」と話がつながり、わかる場面が出てきます。

「予習」は授業についていけない場合や苦手な科目を勉強するときに有効です。

 

さらにこんな経験もないですか?

映画やドラマを録画で繰り返して鑑賞する。見逃したところを何度も見る。

何度も見ることによって、話しの内容がわかります。

さらに、好きなシーンやセリフも自然と頭に入ってきます。

 

つまり「復習」は映画やドラマの「再放送」です。

 

【長期記憶と短期記憶】(1月2日)の記事より

 

f:id:mr-ordermade:20181127165040j:plain


インプットした情報を「長期記憶」にするか「短期記憶」にするかを決めるのは、脳の中の海馬と呼ばれる器官です。
この器官が「これは重要な情報だ」と判断すれば「長期記憶」に、「これは忘れてもいいな」と判断すれば「短期記憶」になります。

 

では、どうすれば海馬が「重要な情報だ」と判断してくれるのでしょうか?

 

海馬は「何度も見ている情報」を重要だととらえます。
「復習」は海馬にそう判断させるためにします。

 

 短時間でいいので、その日のうちに復習する時間をとることがベストです。