ミスターオーダーメイドのひとりごと

考える力で人生をセルフプロデュースする

TO DOリスト

 f:id:mr-ordermade:20190309131235j:plain

皆さん、こんばんは。

ミスターオーダーメイドです。

今回のひとりごとは【TO DOリスト】です。

 

ずいぶん前の話です。

中学入試直前に、普段から真面目に勉強に取り組んでいる女の子が、突然・・・

「やるべきことが多すぎる」と泣き出しました。

 

もしそうなったときは・・・

 

「TO DOリストを書く」ことです。

 

やるべきことを具体的に箇条書きで紙に書き出してみましょう。

漠然と考えて悶々としているより、頭の中が整理され全体像も見えてきます。

次に「優先順位」をつけて下さい。

そして「すぐにしなければならないこと」から手をつけましょう。

 

樺沢紫苑さんの著書【アウトプット大全】にもこうありました。

 

【TO DOリストのすごいメリット】

1日の仕事の流れが確認できる

集中力が途切れない

うっかりミスがゼロになる

ワーキングメモリの容量が増える/仕事が効率化する

 

【TO DOリストの3原則】

紙に書く/紙に印刷する


常に机の上に置いておく一瞬で見られるようにしておく)

達成したら豪快に斜線で消す(終わったという達成感を味わうことができる)

 

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)

 

 

 

また、泣くことは精神的にいい効果が得られます。

泣くのを我慢している状態は、交感神経が緊張状態です。
涙が流れた瞬間、副交感神経に切り替わり、リラックス=癒しモードに入ります。

そのため、泣くことでストレス発散効果が得られるのです。

 

その女の子には「リフレッシュ」が必要だと判断して、私から「1日ズル休み」を提案しました。

 

「ぼーっとする時間」も時には必要です。

 

「ぼーっとする」ことの重要性は最近の脳科学の研究で証明されています。

いろいろなイメージや記憶を想起させながら、脳内で「自分のこれからをよりよいものにしていくための準備」を整えているのだそうです。

 

その後、第一志望の学校に見事合格しました。