ミスターオーダーメイドのひとりごと

考える力で人生をセルフプロデュースする

ダニング=クルーガー効果

f:id:mr-ordermade:20190312155049j:plain
皆さん、こんばんは。
ミスターオーダーメイドです。
今回のひとりごとは【ダニング=クルーガー効果】です。

能力の低い人は自分のレベルを正しく評価できない
能力の低い人は他人のスキルも正しく評価できない

つまり・・・
「能力の低い人は自分を過大評価する」

これを「ダニング=クルーガー効果」と言います。
(心理学の世界では広く知られている研究の結果)

新将命(あたらしまさみ)さんは

「自信は過信に流れる。そして過信をほっておくと、慢心に化ける。慢心はやがて増幅され、傲慢になる」
と語っています。

新将命さんの著書

【経営の教科書】

経営の教科書―社長が押さえておくべき30の基礎科目

経営の教科書―社長が押さえておくべき30の基礎科目

【他人力のリーダーシップ論】

他人力のリーダーシップ論

他人力のリーダーシップ論

【経営者が絶対に「するべきこと」「してはいけないこと」】


デジタル大辞泉によると

自信:自分で自分の能力や価値などを信じること。自分の考え方や行動が正しい
   信じて疑わないこと
過信:価値や力量などを実際よりも高く見て信頼しすぎること


林成之さんの著書【脳に悪い7つの習慣】によると・・・

「だいたいできた」と安心してはいけない。

脳にとって「完成した」「できた」「達成した」といった言葉は「否定語」である。
実際は「まだできていないはず」が、脳は、「だいたいできた」という「否定語」によって、思考することやめてしまう。

とあります。

過信すると・・・

(まだできていないはずなのに)努力を怠ります。
そのことによって、自分の能力と成長幅を下げ、判断を誤ります。

成長や進歩をしていくうえで大切なことは・・・

「自分を知る」ことです。

成長や進歩をしていくうえで必要な姿勢は・・・

能ある鷹は爪をかくす。
実るほど頭を垂れる稲穂かな。
「アンテナは高く、腰は低く」の姿勢をもつ。
変わる勇気をもつ。

つまり・・・

多様な価値観を受け入れること
謙虚さを忘れないこと

この2点が大切ではないでしょうか。