ミスターオーダーメイドのひとりごと

考える力で人生をセルフプロデュースする

脳に悪い7つの習慣

皆さん、こんばんは。
ミスターオーダーメイドです。

今回紹介する本は
林成之
【脳に悪い7つの習慣

です。

著書は・・・

脳は気持ちや生活習慣でその働きが良くも悪くもなる。
「脳に悪い習慣」を知り、それらをやめることで脳のパフォーマンスを最大限に発揮することにつながる。
その理由を「脳のしくみ」からわかりやすく解説してくれています。

脳に悪い7つの習慣とは

「興味がない」と物事を避けることが多い
「嫌だ」「疲れた」とグチを言う
③ 言われたことをコツコツとやる
④ 常に効率を考えている
⑤ やりたくないのに、我慢して勉強する
 スポーツや絵などの趣味がない
⑦ めったに人をほめない

特に⑤について・・・

自己報酬神経群を働かせるには主体性が重要。

「自己報酬神経群」「自分自身への報酬=ごほうび」を与えることによって機能する
  神経群細胞。
  
  脳にとってのごほうびは「うれしいと感じること」 
  自己報酬神経群が働かなければ、脳は思考力を十分に発揮できず、考えや心、記憶も
  生まれにくくなってきます。

親が子供に「テストでいい点数をとりなさい」と言っても、本人が「高得点をとってやろう」と思わなければ、子供の記憶力は発揮されない。
「自分からやるぞ」と思うことが重要。

我慢して勉強しても脳が持っている記憶力は働かない。

とありました。

脳のしくみからの視点でも「やらされる勉強」はダメ!!
勉強は「面白くない・しんどい・苦しい」という思いこみもダメ!!

だということですね。

好きなこと、感動したこと、主体的に取り組んだことは記憶に深く残せるということです。
学習記憶には体験記憶が伴うため、好きな先生に面白おかしく教えてもらった、友達と一緒に感動したなどの「どんな体験で記憶したか」が記憶の強さを左右します。

つまり「勉強する環境」はとても大切だということです。

加えて「主体性」を最大限に伸ばすことが必要です。

① 自分で目標を設定する
 自分で決断する

ことが大切です。

そのことによって、自主性や責任感が生まれます。

人間は自分自身にベクトルが向いたときに一番成長するのではないでしょうか。

脳に悪い7つの習慣 (幻冬舎新書 は 5-1)

脳に悪い7つの習慣 (幻冬舎新書 は 5-1)