ミスターオーダーメイドのひとりごと

考える力で人生をセルフプロデュースする

自分を知ること

f:id:mr-ordermade:20190319114324j:plain
皆さん、こんばんは。
ミスターオーダーメイドです。
今回のひとりごとは【自分を知ること】です。

スラムダンク安西先生の名言に「下手糞の上級者への道のりは、己が下手さを知りて一歩目」
いう言葉があります。
主人公の桜木花道に合宿でジャンプシュートをマスターさせるためにかけた言葉です。
つまり何事も上達していくためには、「自分を知る」ことが大事だということです。

その後、2週間で桜木花道は20000本の練習をしました。
日々の反復練習が大事だということもわかります。

勉強でも同じです。
学力アップするためには「自分を知ること」が大事です。

ロザンの宇治原さんは、受験を勝ち抜く3つの心得の1つは「自分の実力を知ること」と語っています。

大事なことは・・・

全体像を俯瞰する。(=全体を見渡す)ということです。
俯瞰とは「高いところから広く見渡す」という意味です。

全体像を知る。
現在地を知る。
ゴール(到達点)を知る。
勉強の立ち位置を知る。

「木を見て、森を見ず」にならないようにしましょう。

そのためには、教科書やテキストの目次をみてからその日の勉強を始めることです。
それぞれの科目には、学問体系というマップ(地図)があります。
教科書やテキストの目次には、年間カリキュラムや学期で扱う単元・テーマが記されています。
このマップを確認することで、今日の「自分の勉強の立ち位置」を知ることができるのです。

「自分を知ること」で、どういう勉強をすればいいのか「考える」ことができるのです。