ミスターオーダーメイドのひとりごと

考える力で人生をセルフプロデュースする

ノートをとる目的は・・・ズバリ『再現性』!!

f:id:mr-ordermade:20190516171406j:plain
皆さん、こんばんは。
ミスターオーダーメイドです。
今回のひとりごとは【ノートをとる目的は・・・ズバリ『再現性』!!】です。

ノートをとる目的は・・・
ズバリ『再現性』です。

書き写して、キレイなノートを作ることが目的ではありません。(女子に多い傾向にあります)
目的は「学んだことを再現(後で見直し)して定着させるため」です。

ここでも、「手段の目的化」になってはいけませんね。

mr-ordermade.hatenablog.com

ノートをとることによって

①自分自身にとっての参考書ができあがる
②自分の思考活動が形となって残る
③授業での学びが再生され、効率的に復習することができる

mr-ordermade.hatenablog.com

ちなみに・・

自律を目指している麹町中は「見返すことがないのであればノートは取らなくてもよい」と話しているそうです。

東大生のノートにも共通していることはやはり『再現性』です。

ノートをとる目的は

「ノートやメモをみなくても他人に自分で説明できるようにするため」です。

「再現」して「説明する」
これは、教育学的にもかなり学びの効果が高いと言われています。

東大生がノートをとるうえで意識していることは・・・

言い換える(自分の言葉に置き換える) 

 要するにどういうことなのかを自分の頭で考えてまとめなおす
 線をひくのは重要な部分を確認するため

原因と結果をまとめる

ムダなことを書く(きっかけを作るため)

 自分が面白いと感じたことを覚えておけば再現できるため。
 自分の感情や意思が入った情報ほど脳に残りやすいため。
 (これは、脳科学的にも証明されています)

各機関の数十年に及ぶ研究データをまとめると勉強をアクティブラーニング化する方法は次の2点です。

思い出す(想起)
自分の言葉に置き換えること(再言語化

ノートをとること1つとっても・・・
主体性をもち、考えて工夫することによって「学びの効果」が高くなるのです!!