ミスターオーダーメイドのひとりごと

考える力で人生をセルフプロデュースする

発想の転換

皆さん、こんばんは。
ミスターオーダーメイドです。

今回のひとりごとは【発想の転換】です。

ロンドンブーツ1号2号の田村敦さんは、43歳にして青山学院大学への合格を目指して2018年度の大学受験に挑戦しました。
敦さんは著書【即動力】で、プロの講師陣の存在によって「つらい勉強がワクワクする時間に変わった」といいます。

そこには発想の転換がありました。

現代文を指導した夏目啓伍先生は、敦さんに驚くべきアドバイスをしました。

「答えは、考えないで下さい」

夏目先生はこう答えました。

「考えるのではありません。答えはみつけるものなんです。現代文の答えは、必ず問題用紙のどこかにあります。だから見つけて下さい。自分の思考を働かせないでください。」

敦さんにとって目から鱗の出来事だったそうです。

その後、敦さんにとって現代文の問題が『宝探し』の感覚に変わっていきました。

英語を指導した横山雅彦先生は敦さんにこう言いました。

「新しい知識・考え方はすべて英語で発表されている。日本人は英論文を和訳しないと読めない。それは世界との間で、差になって出てくる。世界中でイチ早くその知識にたどり着きたいなら、英語を知っておくべきなんです。だから英語を学んで下さい。」

敦さんはこの言葉によって・・・

英語を学ぶ「真の目的」を知り「よし、英語をやろう」という気持ちになったそうです。

そして「be動詞って何?」から戦う勇気を得たといいます。

発想の転換とは

考え方やものの見方の角度を変えること
別の観点からみること
新しい見方をすること

などを意味します。

たったひと言のアドバイスで敦さんの考え方が変わったのです。

即動力 (SB新書)

即動力 (SB新書)

  • 作者:田村 淳
  • 発売日: 2018/11/06
  • メディア: 新書